1. 学校BBS byミルクカフェホーム
  2. ジャンル別掲示板
  3. 創作
  4. 放送部奮闘記
創作

放送部奮闘記

PR
1.◆MvRbZL6NeQ

元放送部の私と現放送部の友達の心の叫びを物語にしてみます
文書くの下手なので、アドバイスあればお願いします!
*文化部なめんな!!っていう話*

(レス13件)
03/04 16:33削除依頼
6.◆MvRbZL6NeQ

ただ、「憧れ」と「夢」は、似ているようだけれど、違う。
少なくとも私はそう思っている。
夢の方が憧れよりもずっと私自身に近くて、複雑で、難しい。
夢、私のなりたいもの。
どんな仕事がしたい?どんな大人になりたい?

「んー…まだ夢は無いし、分からない、かなぁ」

曖昧に笑うしかなかった。

「そっか。一緒だね」

夢が無いところも同じだなんて、情けないね。
そう二人で言いながら帰った、中3の冬。

03/04 17:47削除依頼
7.◆MvRbZL6NeQ

NGワードが分からず書き込みを刻んでしまいましたが、次からは繋げます。

03/04 17:49削除依頼
8.◆MvRbZL6NeQ

卒業式まではあっという間だった。
そして、卒業式本番もあっという間だった。
皆と離れるのはあまり寂しいと思わなかったし、入試が卒業式の2日後ということで勉強のことで頭が一杯のはずだったのに、何故か涙が出た。
夢こそ見つかっていなかったけれど、この学校で沢山のことを私なりに頑張って、いろいろと考えてきたから。
だから、加奈も泣いてたんだろう。

私も加奈も、受験勉強は頑張ったほうだと思う。
一緒に勉強することは少なかったし志望校も違ったけど、分からないところは教え合ったり、辛い時は励まし合ったり、お互い頑張っているからと最後までやり通した。
そして無事に、二人とも志望校に合格することができた。
頑張ったんだから、そりゃあ嬉しかった。
でも、他の子みたいに、飛び上がるほどって訳でもなかった。

03/04 18:14削除依頼
9.◆MvRbZL6NeQ

4月まであと数日。
春の日差しに心が穏やかになるような、なんでもない日。
「合格おめでとう会」をしようという話になって、私は加奈の家にお邪魔していた。
そんな大層な会の名前なのにすることはダラダラと喋ることだけだったけれど、楽しかったのでそこは二人ともあまり気にしていない。
その合格おめでとう会で、私と加奈は大切な約束をした。
約束を持ちかけたのは、加奈。
振り返ると、何かを切り出すのはいつも加奈からだった気がする。

「ねえ、約束しようよ」

なぜか声をひそめてそう言ったので、私もつられて声が小さくなった。

「約束って、なんの?」

「高校で、お互い、素敵な夢を見つけようっていう約束」

加奈は楽しそうに体を揺らしている。
嬉しかったりすると体が揺れるのは、加奈の昔からの癖。

「自分がやりたいこと、見つけるの。またお互い、励ましあえるようにさ」

私は、うん、とすぐに頷いた。
素敵な約束だった。
この約束を守れたら、毎日が輝くような、そんな魅力を感じた。

「夢、見つかったらすぐ教えてね」

「うん」

「私も、七海に1番に教えるから」

「うん!」

高校生活に不安しか感じていなかったのに、入学が待ち遠しくなる。
ありきたりな言葉だけど、本当に魔法みたいだと思った。
大丈夫。加奈がいなくても頑張れる。

4月。
少しだけ冷たい風の吹く日、私たちは高校生になった。

03/04 18:50削除依頼
10.◆MvRbZL6NeQ


入学式での校長先生の有り難いお話の中に、こういう言葉があった。

「大きな夢を持ってください」

不思議と素敵な言葉だとは思わなかった。
そういえば中学生の時もそうだった。
受験期、夢のことをあれこれ言われたけれど感じたのは鬱陶しさだけ。
きっと「夢」という言葉自体は私にとってそんなに大切なものではないのだろう。
その言葉を誰と共有したかという方が大事で、私の場合その人は加奈だったから、あれこれ悩んだり考えたりできているんだ。きっと。
なんだか、頭を働かせるきっかけを加奈に与えられているみたいだ。

入学式はもちろん面白いものじゃなくて、その後のホームルームも面倒だった。
右も左も前も、当然知らない人。
そんな中で大量の資料や書類を配られ、何かに名前を記入して、クラスの集合写真を撮りに行く。
前のクラスが撮影している間は廊下で待機するだけなので、やることもなく非常に暇。
もう友達を作ったのか喋っている生徒も何人か居るには居るけれども、その子たちのように話しかける勇気は無く。
それに、これは別の話だが、そもそも写真はあまり好きではない。
その時の様子や風景や誰かの姿が一生形として残ってしまうのが苦手だった。
今の姿は、その瞬間を見た人だけが心の中に置いておけばいいと思ってしまうのだ。
写真なんか、意味ないよ。
そう思わず声をもらしてしまった。

「分かるよ、それ」

最初は私に向けられたものだと判断できず、黙っていれば顔を覗き込まれた。
美人とは言えないけれど、綺麗な目をした女の子。
ぱっちりした二重瞼で瞳は茶色がかっており、人懐っこそうな印象を受ける。
そして、力強い視線。
気が強い訳ではないが、何かを貫いている、信念を持っている、そんな目をしている。
その目に吸い込まれそうになって、ハッと我に返った。

「あっ、えっと、え?」

情けないことに言葉が浮かばず、日本語を知らない子みたいになってしまった。
国語の点数が良くたって、こういうところで役立たなければ意味がない。
案の定、女の子にはふふふ、と笑われてしまった。

「集合写真だよ。意味ないって言ってたでしょ?私もそう思うよ」

声は、活発な見た目とは反対で、やわらかく落ち着いている。
どこまでも不思議な子だった。

03/05 11:01削除依頼
11.◆MvRbZL6NeQ


「あ、写真自体は好きなんだよ?動いている何か…それは人でも風景でも良いんだけどね、自然体でいるものの一瞬を切り出すものが写真で。そういうのって凄く良いなあって思うんだ。その場に居なかった人にも、飾ってない、取り繕っていない姿が、こうね、ズーンって伝わってくる!」

女の子は真っ直ぐに私の目を見て、大きな身振り手振りで一生懸命気持ちを伝えてくれる。
それも、会ったばかりの、どんな性格かも分からないような私に。

「へえ…」

この子には申し訳ないけど、写真なんてただの紙切れだと思っていた。
写真は、その時は綺麗でもいつか色褪せてしまう。
それなら自分が覚えておけば良いのだと思っていた。
でも、違うんだ。
写真は自分のためだけにあるんじゃない。
切り取ったその一瞬で、人に何かを伝えるものなんだ。
写真は、この子と一緒だ。

「でも集合写真は苦手かも。だって、被写体に力強さが無いんだもん。皆の意識が『写真を撮られる』ってなってるとさ、ほら、あんまりやる気出ないじゃん?やる気を出す先も分からないし。そもそも集合写真って、伝えるというよりは懐かしむためのものだよね。私、センチメンタルになるのは得意じゃないの」

そう言って、彼女はまた笑った。
物凄いマシンガントーク。でも聞いてて嫌じゃない。
この子みたいになりたいなあ。
私も、何かを必死になって伝えてみたい。

「…でも、集合写真の、緊張感とか初々しさは、良いよね」

そんなこと、言うつもりは無かった。
だってさっきまで微塵もそんなこと思っていなかったから。
女の子もびっくりして大きな目を見開いている。
気に障ることを言ってしまったかもしれない。

03/05 14:30削除依頼
12.◆MvRbZL6NeQ

写真なんてと呟いた張本人が写真を肯定しているなんて、なんて流されやすい奴なんだと思われたかもしれない。
でも、この子の言葉ですっかり考えが変わってしまったのだ。
変わってしまったのだから仕方ない。
そう開き直ってみるものの、やはり沈黙は痛い。
気付けば視線は彼女の胸元の校章あたりをふらふら彷徨っていた。

「そっか…」

彼女が一つ声をもらす。
ああ、引かれたかな。

「ほんとだね…そうだね!」

肯定の声と共に急に手をばっと掴まれた。
思わず顔を上げる。

「私、力強いのが好きだったんだ」

うん、分かるよ。あなたの熱意から伝わってきたよ。
口には出せないけれど。

「でも、そういう微妙な心の動きとかも、あるんだよね。うまく言えないけどさ、そうなんだよね!」

私、大雑把だからさあ、と彼女は言って、私の手を先程よりも少し強く握った。
それがわざとなのか無意識なのかは分からない。
いや、多分無意識なんだろうな。そんな気がする。

「君、繊細なんだね!」

相変わらず視線は力強い。そして声はやわらかい。

「良いな、羨ましい」

心の底からそう思ってくれている。
やっぱり不思議な子。

「そ、かな」

私は、そうやって言えるあなたが羨ましいよ。
心の中で付け足した。

03/05 15:51削除依頼
13.◆MvRbZL6NeQ


待ち時間はやたら長かったくせに、いざ自分たちが集合写真を撮るとなるとあっという間だった。
うんざりしていたお決まりの行事。
今回ばかりは手元に届くのが待ち遠しい。
それに、写真の彼女とも仲良くなれた。と言っても自惚れではないだろう。
帰り道は駅まで同じだったので二人で話しながら歩いた。
私の入学した学校は高台にあって、見晴らしが良い。
近くに大きな道路もなく静かで、歩道の脇には可愛らしい花々が植えられている。
春独特の強い風が吹いていたけれど、その鬱陶しさも喋っているとあまり感じないし、風に乗ってほのかに花の香りもする。

「私ね、やたらめったら写真撮りまくる子たちの気持ちが分かんなくって!」

こう言われたときは、そんな穏やかな道を歩いているというのに、思わず大声で笑ってしまった。
嫌みなんか全くなくそう言えるのは彼女の持つ雰囲気のおかげだろうか。
素敵な子と巡り会えたなあと思う。

「あ、そうだ。名前まだ言ってなかったよね」

そう。まだ名前を知らなかった。

「私、佐藤 綾香」

「笹野 七海です」

「七海さんですか。よろしくお願いします」

「こちらこそお願いします、綾香さん」

畏まった雰囲気に堪えられなかったのか綾香ちゃんが吹き出したので、私も笑ってしまった。
また一つ分かった。
綾香ちゃんはよく笑う子だ。
風に吹かれ、笑顔の後ろでポニーテールが愛らしく揺れた。

03/05 15:57削除依頼
14.◆MvRbZL6NeQ


入学式の次の日。
新入生のための部活動紹介があった。
どの部活動も楽しそうで、きらきらしていた。
それはきっと、自分の好きなことに打ち込んでいるというのが伝わってきたからだろう。

「ねー、ななみんはどうする?」

放課後、私は綾香ちゃんと部活動の話をしていた。
部活動見学は今日から三日間。
ゆっくり悩める時間は無い。少なくとも私にはそう感じられる。

「どうしようかなぁ…綾香ちゃんは写真部?」

「うん、そのつもり」

綾香ちゃんはやりたいことが明白になっている。
ふらふらしている私とは正反対だ。

「ね、ななみんも部活動見学するでしょ?一緒に写真部見にいこうよ!」

綾香ちゃんからの誘いに私は快く頷く。
私たちは、もう数人しか残っていなかった教室を出て写真部の活動場所へと足を向けた。

私はどこでどの部が活動しているかなんて把握していないので、綾香ちゃんに付いていく形になる。
前を歩く綾香ちゃんと話しながら元気に揺れるポニーテールをぼんやり眺めて、綾香ちゃんそのものだなぁ、なんておかしなことを考えていた。
そのせいで目的地に到着したことに気付かず綾香ちゃんに衝突してしまって、ちょっと心配された。

部活動見学、というのでその名の通り活動しているところを見学するのかと思っていたが、どうもそうではないらしい。
なんでも、文化部はやることが地味なところが多いので、実際に何かをしてもらったり、部活の説明をしたりするそうだ。

「吹奏楽部や演劇部は何もしないでも人が集まってさぁ。羨ましいよ…」

部長さんが漏らしたこの一言は、心からの羨望の声だった。

03/11 10:14削除依頼
PR
  1. 最初から
  2. 前へ>

返信する

下記のルールをルールを守れる方のみご利用ください。

  1. 1.実名を出したり、特定の人物の悪口や中傷、過激な下系、出会いを求める投稿は禁止します。→禁止事項
  2. 2.住所や本名や電話番号など、個人情報を掲載する投稿は禁止します。
  3. 3.売買・お金のやりとり、またお金が儲かる等の投稿は禁止します。

※投稿者のアクセス情報は携帯では表示されませんが、運営側サーバに全て情報が保存されます。上記に反する違法な内容は警察へ通報しますので、書き込み内容には責任をもって利用してください。

[本文]

[ニックネーム]

※なまえ#好きな文字 でトリップが使えます。
[文字の色]



※本文内にはhttpから始まるURLを入力することができません
実名を出したり、特定の人物の悪口や中傷、出会いを求める投稿はアク禁になります。禁止事項

■人気の掲示板

*地味子に恋して* [創作] (レス3217件) - レイ
面白いか分かりませんが、頑張ります。 2016-02-27 23:00:01
ひたすら切ない詩を書いていくスレ [創作] (レス1711件) - シェリー
... 2017-05-18 13:23:32
先生はSですか? [創作] (レス1277件) - レッド
3作目になります。... 2017-01-25 23:23:53
1つの絵本 [創作] (レス819件) - 聖夜
[願い]とははかないもの・・・。... 2014-10-10 17:37:24
ココロの行方 [創作] (レス802件) - 優貴
登場人物               ... 2016-02-07 20:46:06

■掲示板新着投稿

僕は人間じゃないんです。 [創作] (レス3件) - 蒼月
僕は人間じゃないんです。... 2017-05-22 19:06:50
〜この気持ちを言いたくて〜 [創作] (レス34件) - 綾瀬*
物語を書いていこうと思います。... 2017-05-21 12:53:04
私の好きな人 [創作] (レス3件) - 871◆y3fXcb5kF/
私には、好きな人がいる。永山涼介。... 2017-05-20 23:42:33
殺人魔Mの恐怖ゲーム [創作] (レス4件) - 綾瀬◆22Mbkd52EM
あんまり更新出来ないかもしれないけどが... 2017-05-19 20:13:20
ふと思ったときに。。 [創作] (レス4件) -
ふと思ったときに感じたこと思ったことを... 2017-05-18 19:49:24

学校BBSからのお知らせ

NEW ジャンル別掲示板はじめました